茶道と茶道具について知ったこと、体験したことの記録ブログ
by wachabi_dozeu
茶室のかをり
両親が絵描きということもあり、大学生のころ、
大学内の美術棟に入ったら油絵具の匂いがして、家に帰ってきたみたいに
感じたことがあります。
千葉の野田の友人は野田駅に着いたとたん醤油の香りがして、家に帰ってきたな〜。という気がする(ほんとにそんな匂いするのかな?)といっていたことがあります。
嗅覚って、人間の奥底の記憶やら体験やらを
ひっぱりあげることができる感覚なんじゃないかな?

茶道は、この香りの感覚をいろいろ楽しむことができます。
まずはお茶の香り。
飲む時には青々しい香りを感じますが、特に口切りの茶事では、
新茶を石臼で挽いてその新鮮な香りを楽しむことができます。

そして炭の香り。
たぶんお茶室の香りの基本はこの炭の香りのような気がしますが
炭の作用で余分な匂いを取り除き、茶室の空気を清浄に保っているのでは
ないでしょうか?

お香の香りもあります。
季節に応じて香木、練香が使い分けられますが、
炭点前をしない大寄せの茶会でも、必ず香合が出されるということは
香りが大切にされている証なのではないかと思います。
七事式の且座では、正客から順に花を活けたり、炭を直したりしますが、
三客が香道の所作にならい、お香を点て、全員でその香りを聴きます。

他にも畳の香りなどもありますが、逆に、茶花として活ける花は
お茶の香りを損ねるということで、あまり香りの強いのは
避けなければいけません。

茶道には、せわしない現世から遠ざかり、その精神世界に没頭するための
ゲートウェイがいくつも設定されていますが、
嗅覚においても、普段の生活の匂いを断ち切り、洗練された香りの世界を
作りあげることで、より禅の精神に没頭することができるのだと思います。
[PR]
by wachabi_dozeu | 2005-02-02 10:11 | めくるめく茶道の世界
<< 炭点前再び お道具を大切に >>



S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント
Haley wilde ..
by vjqdw at 16:12
Well done!
by Emily at 15:46
Well done!
by Brad at 15:45
Well done!
by John at 15:43
Great work!
by Simon at 15:43
Well done!
by Greg at 15:41
Nice site!
by Chad at 15:06
Thank you!
by Pamela at 15:04
Thank you!
by Timothy at 15:03
Nice site!
by Patty at 15:02
カテゴリ
おけいこ日記
めくるめく茶道の世界
今日のヤフオクから
茶道具ばなし
和の話題
珍味大集合
以前の記事
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
お気に入りブログ
陶芸ブログ ぶらり
おうちで茶懐石
茶道日記
リンク集
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
no subscript..
from no subscriptio..
no subscript..
from no subscriptio..
numa numa ri..
from numa numa ring..
numa numa ri..
from numa numa ring..
no subscript..
from no subscriptio..
t i ringtone
from t i ringtone
looney tunes..
from looney tunes r..
sense fail r..
from sense fail rin..
wwe ringtone..
from wwe ringtones ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧