人気ブログランキング | 話題のタグを見る
茶道と茶道具について知ったこと、体験したことの記録ブログ
by wachabi_dozeu
駒沢利斎のこと
ヤフーオークションにはまっているせいで、うちのG4には、いろいろ不思議な単語が登録されている。たとえば「なかむら」と入力すれば「中村宗哲」。「らく」と入力すれば「楽吉左衛門」という感じ。これですぐその名前で検索できるという訳。
この単語登録は千家十職といって主に表千家にいろいろ道具を納入している専門職人集団の名称を一発で出すための策。昔の人の名前ってPCじゃなかなか変換しにくいから、登録したんだけどつもりつもってそれなりのリストになってきてしまった。
その単語登録リストの中でも私的に地味なのが「こまざわ」と入力してでてくる「駒沢利斎」。
この駒沢家は指物師といって、くぎを使わず木とかを組みあわせて何か道具をつくる(おおざっぱな表現)という職をおこなっているんだけど、いろいろ見ていると、かなりその仕事の範疇は広いみたい。
お手前をするための台子などの棚類や棗などのお茶入れや香合の木地などなど、要するに木で何か作る場合は、なんでもこいといったような感じなのかな〜?
調べたところによると現在は15代目駒沢利斎で、4代のとき、千家の出入り職人となったらしい。とすると1700年頃なので表千家では如心斎のころ。さすが如心斎!
伝統だけじゃなくて新たな息吹を吹き込むためにいろいろ努力している感じがします。
そして、駒沢家の歴史の中でも、単なる指物師にとどまらなかったのが6代駒沢利斎。
春斎という別の名前を持っていて漆芸もやっていたみたいです。とここまで調べてようやく、ふと思うことがありました。というのも最近ヤフーオークションで利斎&春斎のWネーム棗(金輪寺型)が結構と高い値段でとりひきしているのを見ていたので、不思議に思っていたんだけどそんな古いひとだったんだ!と納得。1800年ごろの作品だから町人文化が花盛りのころだったんでしょうか?職人って完全分業で自分の領域以外はやらないのかな〜と思っていただけにこの自由さはおもしろいですね。
by wachabi_dozeu | 2004-12-28 04:06 | 茶道具ばなし
<< 千家十職を作ったのは三越だった! 如心斎な逸品発見! >>



S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント
Haley wilde ..
by vjqdw at 16:12
Well done!
by Emily at 15:46
Well done!
by Brad at 15:45
Well done!
by John at 15:43
Great work!
by Simon at 15:43
Well done!
by Greg at 15:41
Nice site!
by Chad at 15:06
Thank you!
by Pamela at 15:04
Thank you!
by Timothy at 15:03
Nice site!
by Patty at 15:02
カテゴリ
おけいこ日記
めくるめく茶道の世界
今日のヤフオクから
茶道具ばなし
和の話題
珍味大集合
以前の記事
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
お気に入りブログ
陶芸ブログ ぶらり
おうちで茶懐石
茶道日記
リンク集
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧